Top
北海道大学 教養深化プログラム
北海道大学

教養深化プログラム

お知らせ

サイエンスリテラシー特別演習Ⅲ「デジタルクリエイティブ基礎」を開講しました

公開日:2022/07/28
最終更新日:2022/11/18

2022年6月24日(金)~7月15日(金)の毎週金曜日4~5講目にサイエンスリテラシー特別演習Ⅲ「デジタルクリエイティブ基礎」を開講しました。新型コロナウイルスの感染拡大によって2020年度・2021年度とオンラインにて開講しましたが、今年度は3年ぶりに対面で行うことができました。気軽に質問ができたり、受講生同士で実習の様子を見せ合うことができるなど対面で実施するメリットを感じることができました。一方で教室のネットワーク環境により、ご不便・ご迷惑をおかけしました。

デジタルコンテンツ、ビジュアル表現に必要な技術を基礎的な考え方から実際の活用まで丁寧に教えていただきました。大変充実した講義となりました。

また今年度初の試みとして受講生を対象としたフォローアップイベントを開催します。授業の課題を出すだけではなく、もう1つ作品を制作することで授業で学んだことを実際に自分の手を動かして身に付け、confidence(自信)を得て欲しいと考えています。

受講生の感想

私の専門は文学で、資料を作成する際にはテキストのみであることも多いです。今まで感覚的に資料が見にくいと感じたことは多々ありました。偶然上手くいっても、“感覚”に頼っているので次も上手くいくとは限りません。今回「デジタルクリエイティブ基礎」の授業を受けて、デジタルで情報を伝える際にどんなプロセスを踏むべきか、理論的な視点を得ることができました。日本語は複数種類の文字を併用するので特に画面の構成要素が複雑とのこと。その要素を学ぶことで解決の糸口も見えますし、なにしろ日常的に目にするデザインがどんな意図で作られているのか知って考えていくのは純粋に楽しいものです。きっかけは与えて頂いたので、タイポグラフィに限らず今後もデジタルクリエイティブの実践を続けていこうと思います。

文学院 映像・現代文化論研究室 井上萌香